スポンサーリンク

ポール・ソロモン予言 世界大戦勃発と日本から現れる救世主

ポール・ソロモンという人物をご存知だろうか。すでに故人(94年没)だが、アメリカの牧師兼霊能力者で、エドガー・ケイシーと同じように、トランス状態においてリーディング能力を発揮したとされる。しかも、キリスト教の既成概念を超えて輪廻転生を肯定し、太古のアトランティスや未来予言についても語っていることから、ますますケイシーと酷似している。また、現実の奉仕活動を主宰した点も特徴で、93年にはタイで奴隷状態にある子供たちの解放に尽力した功績によりノーベル平和賞に推薦までされている事実から、その辺の自称霊能者の方々とは次元を異にすることが分かろう。



日テレの生放送でリーディングにチャレンジ

実は、そのソロモン氏は、1991年に来日し、三宅裕司氏が司会を務める「EXテレビ」という深夜番組(日本テレビ)に出演していた(*厳密には稀に中京テレビと共同の「EXテレビナゴヤ」のケースがあり、この回はそれに該当する)。しかも、生放送中にリーディングにチャレンジするという趣向で、タイトルはズバリ、「初公開! チャネリング大予言」。つまり、「その場で近未来を予言する」というのが番組趣旨だ。リーディングは結果的に成功したようで、現在は以下のユーチューブ動画で視聴することができる。

ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-1 1991年

ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-2 1991年

ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-3 1991年

さて、24年経った今、改めて当時の番組を振り返ってみると、大変興味深い。時期は外れているものの、内容的にはかなり当たっているという印象だからだ。

冒頭、ソロモン氏(の身体を借りている何らかの実体)は、ノストラダムスの1999年人類滅亡説について尋ねられると、「ノストラダムスがそのように言ったということになっているが、まったく誤解されている」と一蹴する。そもそも、この説はもっとも有名な「百詩篇集 10巻72番」から来ているが、実際、詩にも滅亡云々といった内容は一切記されていないわけで、これは納得できよう。ただし、ソロモン氏は近未来の破局自体は到来すると予言する(人類の努力次第で不可避ではないが、このままでは起きる可能性が高いというスタンスだが)。それが世界的な経済崩壊第三次世界大戦の勃発である。

以下、番組で実演されたリーディングの順番と前後が異なるが、ソロモン氏は、前者について「すでに始まっている」とし、借金と政治的な操作をベースとしたバブル経済と呼ばれるものがそれに当たるとした。その行き過ぎによって、90年代のうちに世界経済が破綻し、また何らかの異常気象(?)によって7年間の食糧危機が来るのだという。

周知のとおり、これは外れた。ただ、2008年、実体経済とかけ離れた金融資本主義の行き過ぎを原因として、リーマンショック(*米大手投資銀行のリーマン・ブラザーズ破綻をキッカケとする世界的な金融危機)が起こったのは記憶に新しい。肯定的に見れば、ソロモン氏は、危機の本質自体は見抜いていたとも言える。しかも、リーマンショック以降、まさにその「借金と政治的な操作」の問題が顕著になり、先進国は景気を下支えするために軒並み極端な金融緩和政策を余儀なくされている。つまり、世界的な経済危機はまだ去っていないか、又はこれからが正念場とも言えるのだ。そういう意味で、たしかに時期は20年以上もズレたが、内容的にはかなり的中していると思えなくもない。

第三次世界大戦の発火ポイントは?

しかも、同様のことは、後者の第三次世界大戦の予言にも当てはまる。同じく90年代のうちに起きるとしたため、時期はたしかに外しているが、内容的には今読んでも、いや、今だからこそ戦慄するものがある。

ソロモン氏は番組中、イスラムの人たちが世界的な銀行・経済システムからシャットアウト――つまり経済繁栄の恩恵から疎外――されている事態に不満を募らせており、「残りの世界の人々(the people of the rest of the world)に対して立ち上がる」と予言したのだ。これはむしろ、現代のわれわれだからこそ単なる絵空事で片付けられないものがある。というのも、今まさにイスラムの人々のやり場のない怒りが爆発している様を目撃しているからだ。

しかも、彼は、テンプル・マウント(Temple Mount)で悲劇が起こり、それをキッカケとしてイスラムの人々が決起し、日本も含めて世界中の国々が戦争に巻き込まれるだろうと、かなり具体的な説明をした。正直、私はこれを聞いた瞬間、ぞっとした。というのも、通訳者は「寺院のある山」などと誤訳し――しかも同席の栗本慎一郎氏も気づかない――、番組の最後になってソロモン氏に促され、ようやく「イスラエルのエルサレムのことです」と訂正したが、このテンプル・マウントとは要するに「神殿の丘」(エルサレム旧市街)のことだからだ。

テンプル・マウント

ソロモン氏は、ここで何らかの「悲劇」が起こり、イスラム教徒がいわば「暴発」するとリーディングしたのである、24年も前に。実は今、ここで「第三神殿」を建てる計画が持ち上がっているのだ。

なぜ「第三」なのか。かつて栄華を極めたソロモン王がこの場所に壮麗な神殿を建設した。それはBC6世紀にバビロニアによって破壊されるが、その72年後、再建される。しかし、西暦70年にローマ帝国によって再び破壊された後は二度と再建されなかった。これを現代に甦らせよう、というわけだ。だから「第三」なのである。

神殿の丘

しかし、上の鳥瞰写真(ウィキペディア「神殿の丘」より)をご覧のように、現在は敷地のど真ん中に「岩のドーム」というモスクが鎮座している。ここからムハンマドが天に昇ったとされるため、イスラム教徒にとっても大聖地なのだ。だが、神殿を建てるためには「岩のドーム」を撤去するしかない。日本人の感覚でいえば、例えるなら、在日米軍がブルドーザーで皇居や御所を更地にするようなものだろう。いや、イスラム教徒にしてみればそれ以上の暴挙に違いない。

驚くべきことだが、イスラエル内には、本当にそんな恐るべき計画を立てて、設計図まで完成させている政治集団がいる。これまでも旧市街では何度か衝突が起こっているが、仮に「岩のドーム」がブルドーザーで壊されたら“衝突”ではすまない。間違いなく、イスラム教徒は銃をとって立ち上がる。これは「ジハード」なのだ。周辺のイスラム国は次々と決起してイスラエルに宣戦布告するだろう。つまり、中東戦争の勃発である。

ソロモン氏は日本も巻き込まれると予言している。その理由は、私の推測だが、石油の安定供給に問題が生じるからではないか。おそらく、湾岸諸国の油田・パイプライン・シーレーンの防衛において、西側兵士の死者が出る。当然、金だけ出して兵士は出さない日本に対して、西側国際社会の非難が巻き起こるだろう。大方、「日本が使う石油のために、アメリカの若者の命なら犠牲にしてもいいが、日本人の命は犠牲にできないというのか!」などという正論で畳み掛けられ、アメリカに脅され、煽られ、憲法がどうだろうが、超法規的措置として参戦を余儀なくされるに違いない。

だが、「聖書の予言」が記すところによると、中東に参集した軍勢は、何らかの超兵器によって全滅する運命にあるのだ。

ソロモン氏は世界大戦の勃発を予言した際、そんな日本の危機を“見た”のか、大事なアドバイスを残してくれた。彼は、戦後の日本が軍事力を使わずに政治と経済だけで大きなパワーになったことを称え、Do not, do not destroy that example!”(この例を決して、決して壊してはならない!)と、強い調子で戒め、リーディングを終えたのだ。

やがて救世主となる人物が日本の中で雌伏中?

さて、実際のリーディングと前後するが、予言によると、こういった宗教が絡む殺し合いが起きる一方で、それを克服しようとする動きもまた活発化するらしい。

実は、ポール・ソロモンとエドガー・ケイシーの大きな違いは、日本に対する視線にある。よく知られているように、ケイシーは「日本の大半が海没する」などと予言したが、ソロモン氏は今回とは別のリーディングでそれを否定している。

そればかりか、この公開リーディングにおいて、なんと日本から世界的な指導者が現れて「愛の法則」と「すべては一つ」という教えを説き、宗教間の争い鎮めると予言したのだ。

トランス状態の彼は、「日本から現れることになっている世界的リーダーとは誰か?」という質問に対して、次のように答えた。

“we have said that a light come from japan, and will help in the enlightenment of the world”

(私たちは日本から光が来ると言いました。そして世界の啓蒙を助けるだろうと)

ソロモン氏は「ヒントだけならよい」として、その人物は、今(1991年)はまだ若い男性で、日本の北部におり、準備ができていない。彼には「青木先生」という武術を教える師がいる。その青木氏自身、武術だけでなく、ある種の哲学を説いている、という。

果たして、この人物とは誰か。そして彼が説くという「愛の法」と「すべてが一つ」という教えとは何か。私は期待して、彼の出現を待ちたいと思う(*注)。

さて、あとは蛇足だ。ソロモン氏に対して、質問者サイドが“救世主候補”として、大川隆法氏や麻原彰晃の名を挙げているのは、当時の世相を考えるとやむをえない面もあろう。興味深いことに、ソロモン氏は「幸福の科学」についてだけは「将来確立される」と述べた。これが「的中」か否か判断に迷うが、リーディングの時点ではまだ宗教法人として出発したばかりだったことは確かだ。また、ソ連の将来について尋ねられると、「現在はリフォーム中だが、将来は重要なパワーをもつ国になる。それも軍事力ではなく、豊かな資源に基づいて」(*ソ連は91年12月に崩壊)と述べた。これはほぼ的中と言ってよいのではないか。先の食糧危機の予言も、ロシアに関して言えばそう間違いではない。

とりわけ、私が気になったのは、21世紀初頭のロス地震、2008年の関東大震災、2005~2010年の富士山爆発なども予言していることだ。むろん、すべて外れだ。だが「時期はズレても内容的にはかなり当たっている」というソロモン予言の傾向からすると、そう遠くない将来に実現しても不思議ではない。少なくとも、その可能性を考えて備蓄などの対策を強化しておいても、決して損ではないと思うのだ。

参考 The Paul Solomon Source Readings Wikipedia Paul Solomon

*「日本が世界の救世主になる」とか「日本から救世主が現れる」といった主張は、外国人が言う分には勝手だが、日本人が口にする場合は、よほどの確証がない限り、自重しなければならないと思う。また、外国人の言葉を紹介する場合でも、確かに本人がそう言ったという証拠が必要だ。間違っても捏造された“アインシュタインの予言”のごときを嬉々として持ち上げる真似はやめて欲しい。こういうのは日本人の耳には心地よく響くため、いわば“屈しやすい願望”だ。だが、愛国心というより、ただの恥ずかしい精神的自慰行為である。しかも、ナショナリズムと結びつくと危険ですらある。個人的にはこの種の風潮が一部の超常現象界に散見されることに辟易している。そもそもソロモン氏の予言した日本人指導者が説く教えとは「愛の法則」と「すべては一つ」であって、およそナショナリズムとは正反対であることを銘記しておかなければならない。

2015年05月27日「トカナ」掲載

(*題名・見出し等は少し変更してあります)

(第三神殿建設について追記しておきます。以下拙著『神々のアジェンダ』に記した内容です)

近年の研究成果によると、至聖所と聖所を擁する神殿建物と、生贄を捧げるための祭壇それ自体は、敷地の北側にかなり寄っていたため、復元してもモスクには被らないという説が有力だ。しかし、だからと言って現状のまま神殿を復元すると、今度は「神域」(日本に例えるなら神社の囲いの中)の中に異教のモスクがある格好になり、しかも神殿建物と隣り合わせになるので、かえって違和感が際立つことは避けられない。おそらく、正統派のユダヤ教徒にしてみれば、とても耐えられないだろう。