スポンサーリンク

ポール・ソロモンの予言「日本から救世主が現れる」

ポール・ソロモンという人物をご存知だろうか。

すでに故人(94年没)であるが、アメリカの牧師兼霊能力者だった人であり、あのエドガー・ケイシーと同じように、トランス状態においてリーディング能力を発揮したとされる。

しかも、キリスト教の既成概念を超えて輪廻転生を肯定し、太古のアトランティスや未来予言についても語っていることから、ますますエドガー・ケイシーと酷似している。

また、現実の奉仕活動を主宰した点も特徴で、93年にはタイで奴隷状態にある子供たちの解放に尽力した功績によりノーベル平和賞に推薦までされている事実から(*彼はその時の怪我もあり後に死亡した)、その辺の自称霊能者の方々とは次元を異にすることが分かろう。



日テレの生放送でリーディングにチャレンジ

実は、そのソロモン氏は、1991年に来日し、三宅裕司氏が司会を務める「EXテレビ」という深夜番組(日本テレビ)に出演していた(*厳密には稀に中京テレビと共同の「EXテレビナゴヤ」のケースがあり、この回はそれに該当する)。

しかも、生放送中にリーディングにチャレンジするという趣向で、タイトルはズバリ、「初公開! チャネリング大予言」

つまり、「その場で近未来を予言する」というのが番組趣旨だ。リーディングは結果的に成功したようで、現在は以下のユーチューブ動画で視聴することができる。

(ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-1 1991年)*リンク切れ

(ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-2 1991年)

(ポール・ソロモン氏のチャネリング予言-3 1991年)

さて、24年経った今、改めて当時の番組を振り返ってみると、大変興味深い。時期は外れているものの、内容的にはかなり当たっているという印象だからだ。

冒頭、ソロモン氏(の身体を借りている何らかの実体)は、ノストラダムスの1999年人類滅亡説について尋ねられると、次のように一蹴する。

「ノストラダムスがそのように言ったということになっているが、まったく誤解されている」と。

そもそも、この説はもっとも有名な「百詩篇集 10巻72番」から来ているが、実際、詩にも滅亡云々といった内容は一切記されていないわけで、これは納得できよう。

ノストラダムス予言の「アンゴルモアの大王」の意外な正体
世界一有名な予言者と称しても差し支えないのが16世紀フランスのノストラダムスだが、その彼のもっとも有名な予言はというと、やはり次の四行詩ではないだろうか。   1999年、7か月、   空から...

ただし、ソロモン氏は近未来の破局自体は到来すると予言する(人類の努力次第で不可避ではないが、このままでは起きる可能性が高いというスタンスである)。

それが世界的な経済崩壊第三次世界大戦の勃発である。

*この続きは「Note」でお願いします。

ポール・ソロモンという人物をご存知だろうか。 すでに故人(94年没)であるが、アメリカの牧師兼霊能力者だった人であり、あのエドガー・ケイシーと同じように、トランス状態においてリーディング能力を発揮したとされる。 しかも、キリスト教の既成概念を超えて輪廻転生を肯定し、太古のアトランティスや未来予言についても語ってい...

【ポール・ソロモン、大本教、日月神示の関連記事】

ミロクの世は2041年に到来? トドメノフミを読み解く
「金神の艮の文」(トドメノフミ)と呼ばれる怪文書があります。 出典のサイトに全文が掲載されていますが、元の発信者は不明です。 ついぞ来たれし天の時、天翔かけ国馳かけ天を舞い天下に雷鳴轟かせ神の...
大本教・日月神示・トドメノフミに登場する「辛酉」(かのととり)の意味
はい、前回の続きです。 明治25年(1892年)、京都の老女・出口ナオに「艮の金神」(うしとらのこんじん)と称する神が降りました。大本教の開教です。 「艮」と「トドメ」の意味 この「...
トドメノフミ「2041年の選別」と「九月八日」の真相とは?
繰り返しますが、「金神の艮の文(トドメノフミ)」は発信者・出所不明という意味で、一種の怪文書であり、真偽のほどは不明です。 また、日月神示はみずからを「とどめの啓示」(艮の啓示)と称しているため...
ポール・ソロモンとトドメノフミが予言する人類の大選別
謎の預言「トドメノフミ」に関する記事を書きました(以下)。 2038年から何らかの宇宙的・地球規模的な現象が起きて、2041年には人類が「飛んで火に入る夏虫」と「ミロクの...
ポール・ソロモンと日月神示にみるアセンション
前回の記事では、ポール・ソロモンさんとトドメノフミ(のたぶん増井りんさん)に降りた神霊が同じだった可能性について述べました。 そして「どんな方法」で人類が選別されてしまうかも・・。 ...