スポンサーリンク

世界一恐ろしい予言書「第四エズラ記」の紹介

みなさん、こんにちは。

「世界一恐ろしい」又は「人類史上最も恐ろしい予言」とは、いったい何でしょうか?

何を恐ろしく想うかというのは、その人の主観なので、人それぞれ違うと思いますが、私の主観では、一番怖いなと思ったのは「エズラの予言」です。

おそらく9割以上の日本人は、非キリスト教徒なので、「エズラ」という名前すら聞いたこともないと思います。

しかし、1%のクリスチャンの日本人がエズラ予言を知っているかと言うと、そうでもない。なぜなら、予言が載っているのは「外典のエズラ記」だからです。

実は「エズラ記」というのは複数あるんですね。

旧約聖書に載っている正典のエズラ記は、予言書ではなく「歴史書」に近い。

しかし、正典のエズラ記以外にも、ギリシア語聖書のものと、ラテン語聖書のものが存在しています。複数あって、内容も異なり、呼び方まで会派によって違います。

その中で、ラテン語聖書のエズラ記は完全に独自で、「第四エズラ記」と言われます。ただし、全16章のうち、1・2章と、15・16章は、キリスト教徒によって後から追加されたと言われており、狭義には3~14章を「第四エズラ記」と言います。

この「第四エズラ記」は、「Apocrypha(アポクリファ)」といって「外典」なんですね。紀元90年代、今から1900年以上も昔、ヤムニア会議と言われますが、ユダヤのラビたちが長々と検討を重ねて「正典」を決めました。

キリスト教徒が新約聖書を自分たちで作って、これを勝手に「旧約聖書」と呼んでいますが、ユダヤ人からすればこれが本来の唯一の聖書です。この時に、「第四エズラ記」は「外典」として外されました。理由は動画で述べていますが、要するに、神様から万人への公開を禁じられている書物なんですね。知恵ある者にしか開示してはならん、と言っています。

それで「外典」扱いになってしまったんです。

で、この「第四エズラ記」は、私の知る限り、日本の預言研究者は誰も取り上げていません。つまり、私が初めてだと思います。

私に言わせれば、これほど恐ろしい、そして重要な予言書は他にありません。

世界一恐ろしい予言書「第四エズラ記」(1/3・終末のしるし編)

世界一恐ろしい予言書「第四エズラ記」(2/3・新ノアの洪水編)

世界一恐ろしい予言書「第四エズラ記」(3/3・世界の寿命編)

というわけで、すべての真実は動画の中にあります。

チャンネル登録をよろしくお願いします。

TAKAの真オカルト学院

https://www.youtube.com/channel/UCCm4K5xnN6Ss5cO0hEC0_tQ/