スポンサーリンク

エヴァンゲリオン「ゼーレ」の七つの目の由来、そしてヨハネの黙示録

さて、「フリー座」のほうで、過去の本に関する記事を載せたが、

1998年に発売したこの本の章立ては次のようになっていた。 第一章 トンデモ大偉人の巻 6項 第二章 トンデモ大言壮語の巻 5項 第三章 トンデモ予言研究の巻 6項 第四章 トンデモ宗教大予言の巻 6項ご覧のとおり、第二章だけ他と比

その関連でオカルトネタを一発いくことにした。それは、この奇妙な七つ目の動物はいったい何なのか、という話である。

実は、この本を出した少し前、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が大ヒットしていた。最近『シン・ゴジラ』で同じく大ヒットを飛ばした庵野秀明監督の作品である。

この「エヴァ」の中で、「ゼーレ」(Seele)という謎の組織が登場する。ドイツ語で「魂」を意味するらしい。ちなみに、「ネルフ」(NERV)もドイツ語で「神経」の意味。

このOPの1:14あたりで「ゼーレ」のシンボルが瞬間的に登場する。それが冒頭のアイキャッチ画像である。で、アニメがヒットした当時、「いったいこれは何なのか?」ということがファンの間で話題になった。だが、そこはファン。すぐに元ネタを見つけた。

聖書の「ヨハネの黙示録」に由来していたのである。該当部分を引用しよう。

「わたしはまた、玉座と四つの生き物の間、長老たちの間に、屠られたような子羊が立っているのを見た。子羊には七つの角と七つの目があった。この七つの目は、全地に遣わされている神の七つの霊である。子羊は進み出て、玉座に座っておられる方の右の手から、巻物を受け取った。」(黙示録5:6~7)

この七つの目をもつ子羊は、イエス・キリストのことである。ゼーレのシンボルは、これに由来していたのだ。

これだけだと分り辛いので、ちょっと説明を補完しておく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ヨハネの黙示録

これを記した使徒ヨハネは、1世紀末のローマ帝国時代、エーゲ海にたくさんあるギリシアの小島の一つパトモス島 (Patmos) に流刑にされていた。ある時、ヨハネは、島の洞窟でイエス・キリストの啓示を受けた。そして「黙示録」などの文書を記した・・・とされている。

彼はその時、「ラッパのように響く大声」を聞き、天に「開かれた門」があるのを見た。そして、「ここへ上って来い。この後、必ず起こることをあなたに示そう。」と命ぜられた。そうすると、天に玉座があって、神が座っていた。その周りに二十四人の長老たちが座っていて、さらに目がたくさんある奇妙な四つの生き物がいた。

玉座にいる神の右手には、七つの封印を施した巻物が握られていた。この封印を解いて、巻物を開く資格のあるものとして、七つ目の子羊=イエスが登場するわけだ。

さて、巻物を受け取った子羊は、封印を一つ一つ解いていく。そのたびに恐ろしい出来事が起こって、世界がどんどん破滅へと近づいていく。

たとえば、第一の封印を解くと、

見よ、白い馬が現れ、乗っている者は、弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上に更に勝利を得ようと出て行った。

第二の封印を解くと、

すると、火のように赤い別の馬が現れた。その馬に乗っている者には、地上から平和を奪い取って、殺し合いをさせる力が与えられた。

第三の封印を解くと、

黒い馬が現れ、乗っている者は、手に秤を持っていた。(略)こう言うのを聞いた。「小麦は一コイニクスで一デナリオン。大麦は三コイニクスで一デナリオン。

第四の封印を解くと、

青白い馬が現れ、乗っている者の名は「死」といい、これに陰府が従っていた。彼らには、地上の四分の一を支配し、剣と飢饉と死をもって、更に地上の野獣で人を滅ぼす権威が与えられた。

・・・と、こんなふうに、世界は破滅へと向かっていく。

そして、最後の第七の封印が解かれた時、空前の天変地異と大戦争が起き、恐ろしいサタンや獣が現れ、人々も一時的に支配され、世界はほとんど地獄と化す。

しかし、最後には天の軍勢が勝利し、新しい天と地が現れ、神の栄光に輝く聖なる都エルサレムが天から下ってくる。そして最後の審判を経た人々は、もはや死もなく、悲しみ・嘆き・労苦もなく、再臨したイエスと共に新たな神の世界に住まう・・。

ほとんど狂気の産物のように思えるが、一応は新約聖書のトリを飾る預言である。

サン・クリメン聖堂(Sant Climent de Taüll)の壁画

ということは、この「ゼーレ」という組織は、作品では、そんなふうに世界を破滅に追いやって、また救済する役割を担っているのではないか、という推測がつく。

さて、「ゼーレ」のシンボルの由来が分かり、さらに元になった「絵」が存在するらしい情報も拡散した。ところが、それがどこに、どんな風に存在しているか、という情報はなかった。当時、普及が始まったばかりのインターネットを使っても、出てくることはなかった。そこで私が国会図書館の宗教関係のコーナーをあさって、突き止めることにしたのである。

で、それを突き止めたので、少し自慢げに、自分の本に使った、というわけである。以下は「トンデモ予言者大集合」の286ページ。

上に記している通り、スペインのサン・クリメン聖堂にある絵だったのだ。どうも壁画がきれいになっているので、今では修復されているらしい。

聖堂内の壁画 きれいに修復されている。

七つ目の神の子羊

どうも、この建物は、バル・ダ・ボイ渓谷という、たいへんな田舎にあるらしい。

まあ、ご興味のある方は、どうぞ現地まで行かれるとよい。

蛇足 ゼーレの新マークについて

ちなみに、「エヴァンゲリオン」の新劇場版では、マークが少し改変された。

どうやら、エデンの園にあるという「善悪の知識の木の実=知恵の実」と、それを「女(この時にはまだ名はない)」に食べるよう唆した「蛇」が新たにモチーフとして加えられたらしい。ただ、これはよくある誤解で、聖書には「りんご」とは書いていない。木の実を食べたあと、目が開き、自分が裸であることに気づいて、「いちじくの葉をつづり合わせ」て腰を覆うものを作ったとあることから、たぶん「いちじく」が正解だろうと言われている。

りんごの中にある詩は、検索すればすぐに出てくる。

ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞となったフリードリヒ・フォン・シラーの詩「歓喜に寄せて」の一節(*歌詞ではない)。シラーはドイツの大文学者。訳は複数存在してるが、私的には日本語的に感じのいいカッコ内のものを採用した。

überm Sternenzelt
Richtet Gott,
wie wir gerichtet.

(星空の上で神がお裁きになる、我らがいかに裁いたかを)

ちなみに、シラーはフリーメイソンで、交響曲第9番は事実上の国歌ならぬ「欧州連合歌」とされている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク