スポンサーリンク

「ザ・シンプソンズ」と未来透視装置「ルッキング・グラス」

アメリカでは1989年から今も放映が続く、大人気番組である。で、その『ザ・シンプソンズ』がどうしたというのだ?

「それがですね、2000年3月に放映した回、主人公一家の女の子(リサ)が、未来の世界で大統領になるって話があって、そこで先代の大統領がトランプだったというクダリが出てくるんです。トランプ政権時代のアメリカは“最悪”の財政状況で、それを救うのが女性初の大統領、“リサ”っていう展開です」

”さる在米ジャーナリスト”の話として、2016年5月30日の「デイリー新潮」に、

2000年に「トランプ大統領」を予言していたアメリカの「天才集団」

と題する興味深い記事が掲載された(*赤字筆者)。同ジャーナリストは言う。

「『ザ・シンプソンズ』って、風刺の強い、毒っ気のあるアニメですが、アメリカでは『サザエさん』のような国民的番組なんです。したがってファンもメチャクチャ多いのですが、そのファンですら、殆ど知らなかった“秘密”が、この番組にはあったのです。というのも、このアニメの脚本家たちの中に、ハーバード大学を卒業した数学博士が何人もいて、番組に数学ネタが山ほど盛り込まれているというんです。やっぱりハーバード出たヤツらは、考えることが違うわ、っていう評価なんです」(同)

2016年の11月には、本当にドナルド・トランプが当選したのだから、さすがにハーバード大卒の数学博士だ、と納得したくなる。

それが2000年3月19日にTV放映された、「Bart To The Future」という回です。

劇中でリサが次のように発言している。

“as you know, we’ve inherited quite a budget crunch from President Trump”

「承知のように、我々はトランプ大統領からかなりの予算食い荒らしを受け継いだ」

ところで、以下は2015年にユーチューブに投稿された「Trumptastic Voyage」で、それが誤って2000年の「Bart To The Future」と混同されて、世間に広まってしまいました。



2015年制作のもので、実際の場面をアニメ化しただけ。紛らわしいもん作るんじゃねーよ。

The Donald Trump Escalator Videos Have Inaccuracy (Read Comments For Clarification)

サポーターの一人がプラカードを落としている。

アニメでも真似。

右手を上げる。

アニメでも真似。

次に、勝利のサインである親指を立てるポーズをする。

アニメのトランプも同じ。

また、トランプたちの背後、エスカレーターの前にスーツ姿のボディガードたちがいるが・・。

アニメでも同じ・・・まあ当然か(笑)。

繰り返しますが、これは2015年に制作され、ユーチューブに投稿された「Trumptastic Voyage」です(笑)。くれぐれも2000年の「Bart To The Future」と混同しないように(笑)。

イルミナティカードIlluminati card のルーツはタロットカードTarot card

しかし、それにしても、「Bart To The Future」で「トランプ大統領」に言及していたのは凄すぎる。もしかして、未来を見るという極秘研究に参加している者が、「ザ・シンプソンズ」の制作者に何らかの情報を提供しているのではないか、という可能性も。

未来を見るといえば、同様に気になるのがイルミナティカードである。

この話題のカードゲーム「イルミナティ・ニューワールドオーダー」は、米ゲーム制作企業「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から発売された。

発売は1982年から始まり、今までに複数のバージョンが制作された。

どうやら世界貿易センター風ビルが攻撃されている「テロリスト・ニューク」(Terrorist Nuke)などの話題のカードが入ったバージョンは1994年が初版らしい。ただし、今日よく知られているものが出揃ったのは1995年に発売されたもののようだ。

この辺はややこしいし、私も実際に複数のバージョンを買い揃えているマニアではない。

いずれにしても、やたらと現実の出来事との一致を見せることから、次第に注目を浴びるようになる。たしかに、上の「9.11もの」は偶然では片付けられないものがある。

ところで、「9.11サイン」が大量に存在するといえば、ハリウッド映画も同じだ(*ここにも「ザ・シンプソンズ」が登場する)。

9-11 / Illuminati Symbols in Movies [New World Order]

これはいったい何なのか。奇妙なことだが、どうやら支配層は、自分たちのプランを事前に何らかの形で大衆に示すことを好むらしい。

「まことに、主なる神はその定められたことを僕なる預言者に示さずには何事もなされない」(アモス書3:7)と旧約聖書はいう。

もしかすると、彼らは、彼らの神様の真似をしているのかもしれない。つまり、そうすることで神になったつもりでいるのではないか、という可能性が考えられる。

むろん、ただのカードゲームだ、と失笑する人も多いだろう。

しかし、こういったカードゲームのルーツが、タロットカードであることをご存知だろうか。たぶん、それを知っている人でも、では「タロットカードとは何なのか」と訊かれたら、答えることができるだろうか。

いずれまた詳しく述べたいが、実は、ユダヤ教の「カバラ」がルーツなのだ。カバラの一つの表現方法として、タロットカードが作られたのである。

イルミナティとカバラには深い関係がある。そして、カバラと、西洋近代思想やフリーメイソンの土台ともなった哲学的錬金術には関連がある。

ユダヤ教の司祭の中には、深い瞑想と断食業の果てに、神と直結し、未来を知った覚者も現れた。それがカバラの知識体系へと合流している。

このように、すべては裏で繋がっている。だから、そういうことをいろいろ知っていくと、ただのカードゲームと笑うことが難しくなっていく。

エリア51にある「ルッキング・グラス」テクノロジー

さて、イルミナティカードと現実との一致から、単に支配層が自分たちのプランを示す以上のものがあると、私は薄々感じてきた。ただ、「もしかすると・・・」という考えに留まっていた。しかし、この2000年放映の「ザ・シンプソンズ」のな的中性を見て、支配層が実際に未来を見ているのではないかという疑いが、かなり濃くなった。

だが、どうやったら、そんなことができるのか? それがエイリアン・テクノロジーである「ルッキング・グラス」Looking Glassである。

これはもともと井口和基氏の情報で知ったものだ。

元記事がこちら。ビル・ライアンBill Ryan 「プロジェクト・キャメロットProject Camelot 」に掲載された(*キャメロットとは伝説のアーサー王の都)。

暴露したのは、プロジェクトに参加していたダン・ブリシュDan Burisch博士である。

「ルッキング・グラス」は、なんでも希ガスの入ったバレル(樽)と電磁石とから成る装置のようだが、技術的なことは私にはチンプンカンプンである。交流のあるエイリアンからのリバース・エンジニアリングで地球でも製作しているらしい。

ダン・ブリシュ博士提供の資料

支配層は、この装置のテクノロジーを供与された時、当然ながら狂喜したに違いない。以来、格好のおもちゃと化しているのかもしれない。

仮に、彼らがこのような装置で未来を見ているとしたら、イルミナティカードや「ザ・シンプソンズ」の内容が、未来の出来事と度々一致している事実も、何ら不思議ではなくなってくる。つまり、支配層の人間が、何らかの意図で、そういった方面にこっそり情報を流しているということだ。彼らにしてみれば、意外と遊戯の一種なのかもしれない。

だが、仮にそうだとしたら、そんな連中にどうやったら対抗できるというのか、いささか絶望的な気持ちになるのだが・・・。