スポンサーリンク

出口王仁三郎が予言した「火の雨」の正体はロシアの核兵器だった!?

1945年の広島の惨状。日本は再び外国からの核攻撃を受けてしまうのか?

出口王仁三郎といえば、宗教「大本」の二代目教祖であり、透視力などの数々の神通力を発揮し、壮大にして謎めいた大著『霊界物語』を記したことでも知られている。

戦前、彼は早くから日本の悲惨な敗戦を予言していた。それが治安当局から目をつけられる一因になった。そして、偏執的な治安当局から、大本は二度にわたる大弾圧を受ける。

とくに1935年の「第二次大本事件」は、戦前の国家権力による最大の弾圧に数えられる。特高警察を有する内務省は、王仁三郎と大本にクーデター首謀の濡れ衣を着せて総力を挙げて潰しにかかった。綾部や亀岡の教団施設は警官隊によって根こそぎ破壊され、全国千人の信徒が検挙され、王仁三郎以下、主だった幹部は逮捕起訴された。

当局は罪を自白させようと、彼らに執拗かつ壮絶な拷問を加え、死傷病者が相次いだ。

元より冤罪であるから、終戦直後、当然ながら無罪判決が出された。

王仁三郎が凄いのは、敗戦国日本の再建をおもんばかり、一切の賠償請求を放棄したことだ。そして、信徒もそれに倣った。まるでキリストのような自己犠牲を身を持って示したのだ。このような人物であるから、彼の言葉には格段の真実味があると私は思う。



「本当の火の雨」の正体とは何だったのか?

さて、終戦の年の暮れ、王仁三郎は鳥取の吉岡温泉に逗留して静養した。

そこへ朝日新聞の記者が取材に訪れた。

その時のやり取りは、「予言的中“火の雨が降るぞよ”」と題して、1945年の暮れの『大阪朝日新聞』の紙面に掲載された。

記事は「火の雨のお告げも実際となって日本は敗れた。(略)昭和二十五年までは日本も駄目だろう」というような内容である。

ちなみに、さらりと言ってのけた後者の予言も的中していることは明らかだ。たしかに、戦後の復興が本格化したのは1950年(昭和二十五年)の朝鮮戦争勃発以降である。

ところで、「火の雨が降るという予言は本当でしたね」と投げかけた朝日新聞の記者に対して、王仁三郎が完全に調子を合わせたかのような紙面になっているが、彼のそばにいた複数の人が伝えるところによると、やや異なる内容も発言していたのである。

彼は「あれ(戦時中の“火の雨”)は本物じゃない。ほんとうの火の雨はこれからじゃ」とも言っていたのだ。この「本物」の正体に関しては諸説あるようだ。

たとえば、研究家の武田崇元氏は「霊(ヒ)の雨」というふうに解釈している。

『霊界物語』が典型だが、王仁三郎は一つの表現に複数の意味を持たせることがあった。それゆえ、「火の雨」に関しても複数の解釈が成り立つ可能性は十分ある。

私個人も、どうも王仁三郎は「火の雨」の一言で今後、天から降ってくるものすべてをカバーしたのではないかと思う。たとえば、次元上昇やポールシフトなどを促す何らかの光のシャワーの到来を予言する人も少なくないが、それなども兼意している。

だから正解は一つとは限らない。逆に言えば一番単純な解釈もありえる。つまり、頭上から降る爆弾だ。

実はこれに関して「吉岡御啓示録」と呼ばれるものが伝わっている。

出口王仁三郎が戦後に語った最終予言
私は「現実情報」と「超自然情報」の二種類を組み合わせた未来予測に取り組んでいます。両者は互いを補完し合うので、未来がより立体的に浮き彫りになります。 2018年3月、プーチンはロシア大統領選挙を...

王仁三郎はある信徒に対して、朝日新聞記者とは異なる、次の内容も語っていたらしいのだ。

「今度は神様と●●●との戦争じゃ。原子爆弾など神様の眼から見たら線香花火に等しい。だが、悪魔は今の原爆の何千倍もある奴や、毒素弾、生物弾など最終兵器を作るので大三災はこれからだぜ、本当の火の雨じゃ。」

(出典:出口恒『天皇家秘伝の神術で見えた日本の未来』ヒカルランド)

つまり、戦後、王仁三郎は「原爆の何千倍もある奴」が空から降ってくる様を指して「本当の火の雨」だと言っていたらしいのである。

重量27トン、全長8メートル、直径2メートルの巨大核兵器ツァーリ・ボンバの核爆発と広島型原爆のそれとの比較。広島型は点にしか見えない。

ウィキペディア「ツァーリ・ボンバ」より

単一兵器としての威力は人類史上最大であり、1961年10月30日にノヴァヤゼムリャで、唯一の大気圏内核実験が行なわれ消費され、現存していない。TNT換算で約100メガトン(第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の50倍)の威力を誇り、実験では50メガトンに制限されたものの、なお広島型原子爆弾「リトルボーイ」の約3,300倍もの威力を有し、その核爆発は2,000キロメートル離れた場所からも確認され、衝撃波は地球を3周した。

(略)Tu-95戦略爆撃機によって運搬・投下された。

ロシアの最新核兵器「サルマト」とピタリと一致! 日月神示の「火の雨」予言とも関連が・・!

ここで私が思い起こしたのがロシアの最新鋭ICBM「RS-28」(別名サルマト)である。

サルマトは16個もの核弾頭を搭載し、その威力は40メガトン級という。つまり、広島型原爆の数千倍の破壊力である。50メガトン「ツァーリ・ボンバ」と代わりない威力だ。ツァーリ・ボンバは戦略爆撃機で運搬したが、サルマトは弾道ミサイルで運搬する。

2018年3月のロシア大統領選のキャンペーンにおいて、再選を狙うプーチン大統領は、西側のミサイル防衛システムを突破する「RS-28」を誇示し、あろうことか米フロリダ州を攻撃するCG映像まで演説会場で披露した。

上のように、サルマトは確かに異常なほどの巨大核ミサイルである。

しかも、西側のコードネームが「サタン2」。つまり「悪魔」なのだ!

王仁三郎は「悪魔は今の原爆の何千倍もある奴や」と語っていた。今から70年以上も前に。ここまで的中していると、空恐ろしいくらいである。

そういえば、あの「日月神示」「火の雨」に関してこんな予言をしていた。

「山の谷まで曇りてゐるぞ、曇りた所へ火の雨降るぞ、曇りた所には神住めんぞ、神なき所愈々ざぞ、ひどい事あるぞ、神がするのではないぞ、人間自分でするのざぞ

つまり、火の雨は人間の仕業だと語っているのだ。

私は「日月神示」が聖書にある「預言」(≒神から授かった言葉)と同質のものとして重視しているだけに、不吉極まる。それが王仁三郎の予言を補完している。

この予言は火の雨が降る「場所」まで言及している。何でも「山の谷」の(霊的に)曇ったところだとか・・。日本の大都市はどこもそういう場所に思えなくもない。

とくに関東平野などは・・。

いずれにしても、この先、どんな災厄が予測されていようが、私たちにできることは、大難を小難に変えるべく最善を尽くすことだけである。

「先ず自分の心を立て替えよ」という王仁三郎の言葉を肝に銘じなければならない。

参考文献:出口和明『出口なお王仁三郎の予言・確言』(光書房)