スポンサーリンク

誰も知らなかったチャールズとダイアナの「世紀の結婚」の真相

ダイアナ妃が本当はゴールドスミス卿の娘だったとしたら、どのような問題が生じるのだろうか? また、それが何を意味するのだろうか?

私は「それを真に理解する上でのポイントが二つある」と言った。

前回は一つ目について述べた。それは近い将来にウィンザー朝が滅んで、新たにゴールドスミス・ロスチャイルド朝の英国が誕生するという内容だった。

今回は、二つ目について述べたい。

真実に迫るためには、最初に次の問いかけを行わなければならない。

「英王室は本当に彼女の素性を知らなかったのか」

もちろん、そんなことはありえない!

なにしろ一般市民でさえ、結婚ともなると、未だに興信所をつかって相手の家系や戸籍を調べる人が少なくない。ましてや、欧州随一の王侯貴族ともなれば!

しかし、そうだとするなら、ますます不可解である。

英王室は、本当はスペンサー伯爵の娘でも何でもない女性を、そうと知りながら王妃として迎えたことになる。もっと踏み込めば、英王室はダイアナがゴールドスミス家の娘だからチャールズ皇太子との結婚を認めたということではないだろうか。

つまり、両者の「世紀の結婚」とは、本当は英王室とスペンサー伯爵家の政略結婚ではなく、ゴールドスミス・ロスチャイルド家との政略結婚だったということだ。

英王室も、チャールズ皇太子も、すべてを承知した上で“ユダヤの娘”との結婚を認めたというのが真実なのだ。この真実が意味することは何か?

それを追求していくと、世界を裏から動かしてきた「影の政府」の驚くべき真の姿が浮かび上がってくる。それを理解する手がかりは、一見、ゴジップ的な事実にある。



なぜ英王室とチャールズ皇太子はダイアナに冷たかったのか?

周知の通り、この結婚は最初から不幸だった。

なぜなら、ダイアナは明らかに英王室から歓迎されていなかったからだ。

以下の情報は、今では書籍・新聞・ドキュメンタリー番組などを通して、すべて公然となっているものだ。

チャールズ皇太子とダイアナは結婚前、たった13回しか会っていなかった。これは「世紀の結婚」が実際には「見合い結婚」だった事実を示唆している。

*この続きは「Note」でお願いします。

ダイアナ妃が本当はユダヤの大物銀行家の娘だったとしたら、どのような問題が生じるのだろうか? また、それが何を意味するのだろうか? 私は「それを真に理解する上でのポイントが二つある」と言った。 前回は一つ目について述べた。 それは近い将来にウィンザー朝が滅んで、新たにゴールドスミス・ロスチャイルド朝の...

神々のアジェンダ

「ダイアナ妃の真実 本当はユダヤ人でゴールドスミス卿の娘だった」

「英ウィンザー朝が滅んでゴールドスミス朝が誕生する日」

「誰も知らなかったチャールズとダイアナの「世紀の結婚」の真相」

「次期英国王はチャールズ皇太子ではなくウィリアム王子」

「なぜヘンリー王子の結婚で英ウィンザー朝の滅亡が確定するのか?」

「なぜウィリアム王子は凄まじくハゲているのか?」