スポンサーリンク

おすすめ動画(超常現象系)1

2015年 イギリス・ハンプシャーに出現したクロップ・サークル

以下、7編を紹介します。

  • UFO ディスクロージャー・プロジェクト(日本語字幕)
  • 1986年アラスカ上空UFO遭遇事件!たけしの超常現象SP
  • 余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編・後編
  • ポール・ヘリヤー元カナダ国防相TVインタビュー(日本語字幕)
  • 元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示
  • ロシア首相「宇宙人はいます」”Aliens exist” Russian president said.
  • 2028(7)Chibolton Alien = Grey チボルトンのエイリアンはグレイだった by Hiroshi Hayashi, Japan

いずれもUFOとエイリアン問題に関する信憑性の高い情報だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UFO ディスクロージャー・プロジェクト(日本語字幕)

スティーブン・グリア博士が主催したUFO情報の暴露記者会見。証言に立ったのは、米空軍・海軍の将校、空港管制官、NASAなどの職にあった人たち。政府関係者がリスクを負って機密情報を暴露した画期的なプロジェクトの一部始終。

1986年アラスカ上空UFO遭遇事件!たけしの超常現象SP

日航機がアラスカ上空で巨大UFOと遭遇した事件は、ディスクロージャー・プロジェクトの証言者の一人ジョン・キャラハン氏も言及し、欧米でも特集番組が制作されるほど有名。当時、米政府は国家機密に指定し、機長も沈黙を余儀なくされた。現役の機長が「UFOを見た」と言えば機を降ろされるという。動画ではUFO遭遇史に残る事件と元機長の「これは人間の世界の物ではない」という肉声を紹介している。

余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編・後編

余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編

プロジェクト・ブルーブックに従事していた元CIA職員の証言。どこからかMJ―12やエリア51の存在を嗅ぎ付けたアイゼンハワーが、「来週までにワシントンに説明に来なければ、コロラドの第一軍団を引き連れて基地を乗っ取ってやる」と彼に激怒したエピソードなどが語られている。現役の大統領でさえ、当初はエイリアン文明の機密から除外されていた事実は、この事案の本質を知る上でも大変興味深い。

余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 後編

アイゼンハワー、ニクソン、フーバーといった「表の政府」の超大物たちが初めてエイリアン文明の機密を知ってショックを受けた様子など。また、元CIA職員といえども、機密を漏らす者には容赦なく“ブラックメン”が現れて脅すようだ。

ポール・ヘリヤー元カナダ国防相TVインタビュー(日本語字幕)

元国防相という要職にあった人物が地球を訪問している複数のエイリアン種族について語っている。西側メディアではなく、RT(ロシア・トゥデイ)という点も注目点。

元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示

同じくポール・ヘリヤー氏の証言。やはり地球を訪問している複数のエイリアン種族などに関する情報。

ロシア首相「宇宙人はいます」“Aliens exist” Russian president said.

前ロシア大統領メドヴェージェフ氏の驚くべき証言。大統領就任時に手渡される国家機密の一つに、地球を訪問しているエイリアンに関するものがあるというもの。

20287 Chibolton Alien = Grey チボルトンのエイリアンはグレイだった by Hiroshi Hayashi, Japan

精巧なクロップ・サークルの大半は、エイリアンが何らかの意図で作っている。イギリス・チンボルトンには、アレシボ・メッセージに対する返信と思われるクロップ・サークルが出現した。その解読を解説した動画。そのメッセージがまたとてもミステリアス。

スポンサーリンク
スポンサーリンク